社協の保険

社協専用に設計した保険です

全国の都道府県市区町村社協における事故データや業務実態などを基に、社協業務を安心して遂行するために必要な補償を合理的に、かつスケールメリットを活かした保険設計を実現しています。
また、社協の保険のプラン1-①賠償補償(総合補償タイプ)は社協が行う全ての業務が補償対象となっており、事故や紛争が増加している中で社協活動に不可欠な保険です。加入する補償の基本といえるので、まだご加入いただいていない社協の皆さまもご加入されることをお勧めします。

3つのプラン(9つの補償)の組み合わせは自由です。プランの概要は次のとおりです。
プラン 概要
プラン1
賠償責任
に関する補償
プラン1-①賠償補償
【総合補償タイプ】
【日常生活自立支援事業限定タイプ】
日常生活自立支援事業を含め、社協の全ての業務を対象として、
社協およびその役員・職員などが業務遂行上の事故により
第三者の身体または財物に損害を与えたり、経済的な損害を
与えたりしたことにより、法律上の損害賠償責任を
負われた場合に補償します。
日常生活自立支援事業限定タイプは日常生活自立支援事業に
限定して補償します。
プラン1-②
個人情報漏えい対応補償
個人情報が漏えいした、または漏えいのおそれがあることに
起因して負った損害賠償責任や対応に必要な各種費用を補償します。
プラン1-③
役員賠償補償
社協の役員が、役員の業務について行った行為(不作為を含みます。)に起因して、保険期間中に損害賠償請求(第三者賠償・法人賠償)を提起された場合において、被保険者が負担する損害賠償金・争訟費用などを補償します。
プラン2
ケガ・感染症
に関する補償
プラン2-①
社協役員・職員の業務中の傷害補償
社協の役員・職員および受入実習生などが業務に従事している間の
急激・偶然・外来の事故によるケガを補償します。
プラン2-②
社協役員・職員の業務中の感染症補償
業務に従事中に特定の疾病に感染してしまった場合、感染症規定に
基づき支払われた補償金に対して保険金をお支払いします。
プラン2-③
施設利用者の傷害補償
福祉施設利用者の急激・偶然・外来の事故によるケガを補償します。
通所型施設(Aタイプ)、不特定多数利用者施設(Bタイプ)、
入所型施設(Cタイプ)の3つのタイプがあります。
プラン2-④
社協職員の労災上乗せ補償および
使用者賠償補償
「社協職員の労災上乗せ補償」では、政府労災保険の対象となる社協職員が被った業務上災害や通退勤災害について、政府労災の補償金に上乗せして補償します。
また、オプションの「使用者賠償補償」では、社協職員が被った労働災害について、社協が政府労災保険などからの給付金を超える法律上の損害賠償責任を負担することによって被った損害を補償します。
プラン3
物損害
に関する補償
プラン3-①
什器・備品の損害補償
  • 社協の所有する什器・備品に生じた損害を事務所内外の事故を
    問わず補償します。
  • 借用建物に損害を与え、建物所有者に対し発生する損害賠償責任
    の補償をセットしたタイプもあります。
プラン3-②
現金・貴重品の損害補償
  • 社協の所有する現金・貴重品ならびに第三者から預かる現金・
    貴重品について、損害賠償責任の有無にかかわらず、
    保管中・輸送中の盗難・火災などによる損害を補償します。

※このページは概要を説明したものです。
 詳しくは、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。